2009年06月25日

並行進行

手塚治虫さんの読んでみたい作品がまだまだ多すぎて困るので、

思い切って、一巻ずつ読んで、気になる順に続きを買っていくという、
新しい戦法に出てみました(・∀・)

で、

『MW(ムウ)』 『アドルフに告ぐ』をまず買ってみたですけれど、

この戦法すでに……orz

昨日も今日も、そしてまた明日も、
本屋さんに行きたいという衝動を抑えておりますです(´-ω-`)


ところで、『ルードヴィヒ・B』というベートーヴェンの生涯を描いた作品があるのですが、
氏はご執筆中に帰らぬ人となってしまった為、まさにこれからという、大変とんでもない所で終了しているのです…。

最初から完結していない事を知ってた上で購入したのですが、
続きを読めないことがとても悲しくて、
此処最近まで手塚さんの特設コーナーに全く行って無かったのは、そのタイトルを見る度に、切なくなるのが厭だったからなのかも…。

なので、この最近の読みたい×A衝動は、我慢というか何となく作品を避けていた時間を取り戻すみたいな感覚で(*´−`*)

やっぱりスゴイッ(*≧∇≦*)!と思い知る度に、『ルードヴィヒ・B』の尾を引いてたショックが薄まって、嗚呼この方の作品をもっともっと読みたいと、いつの間にかまた没頭しとる自分に気付くです黒ハート

漫画だけれど漫画じゃなくて、
小説じゃないけれど小説。
手塚治虫さんの作品を読むたび、いつも何かひとつ、解決を貰ったような気持ちになれるですぴかぴか(新しい)

で、その中でもやっぱり読み終わった後の衝撃が凄かったのは、『火の鳥』。
そして1986年に劇場版として公開された時の主題歌が…、
なんていうか内容と相乗している感じがして、
怖いような気持ちになったです。



思えば、麗之つんはこの後の『火の鳥−ヤマト編−』を観て「古事記」の世界に興味を持ったんだなー…と、しみじみ…(´ω`)

ニコ動さんにも、すっごいキレイなCGが上がってて、
なんだかゾーっとしちゃった…(*´д`*)黒ハート

あー、やっぱり本屋さん、行っちゃうんだろうな、買っちゃうんだろうな…ぴかぴか(新しい)
posted by 麗之 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30075566
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック